指導医・研修医の声

千葉メディカルセンターを選んだ理由は? 当院ならではの特色とは?
これから研修を始める医学生の皆様へ、指導医からのメッセージと先輩研修医の生の声をご紹介します。

Doctor's Voice指導医の声

山上先生イラスト

 研修トレーニングセンターとともに、当院の初期臨床研修もさらなる進化をしています。 研修トレーニングセンターの中には、広々とした研修医室や研修医専用の当直室だけでなく、シミュレーションラボも新設されました。 当直診療における研修医の関わりをさらに積極的に推進するなど、研修内容も強化され、 これまでにも増して多彩で豊富な症例・疾患を経験できる環境が整っています。
 研修トレーニングセンターは、「患者さんに信頼され、安全かつ質の高い医療を提供できる医師を育むことにより、社会に貢献する」 という臨床研修理念のもと、病院全体で研修医を育てていくため、プログラムの充実と良好な研修環境の構築にに取り組んでいます。 「信頼される医師になりたい」という熱い心を持った研修医が、一人でも多く当院のプログラムに参加していただけるよう希望しています。

Doctor's Voice先輩研修医の声

Voice No.1Voice No.1 平成27年度修了者 S研修医

切磋琢磨しあう仲間に会えました

――内科について教えてください。
内科は様々な専門の先生と一緒に、入院患者さんを担当する制度。患者さんの病状を検討して主治医にプレゼンすると、病態の把握が足りない部分を指摘されることも多いです。反対に「そこには気付かなかった。一緒に診る先生が増えるのはいいことだね」と言っていただけた時は嬉しいですね。私達は外来がない分、より長く入院患者さんと接する時間を持てます。主治医の目の届かない部分までくまなく見て伝え、一緒に治療方針を考えることが仕事だと思っています。

――研修医として働く際、大切にしていることはありますか?
何でも質問することです。医者としてスタートした今だからこそ、どんなことでも聞くチャンス! 上の先生は「そんなことも知らないの」と言いつつも「1年目だからしょうがないな」と教えてくださいます。 積極的に質問したり、自分から「患者さんを持たせてください」とお願いできるコミュニケーション力が重要だと実感しています。

――病院はどんな雰囲気ですか?
周囲がみんな真面目なので、自分も自然と勉強する姿勢が身につきました。同期研修医とは「今日はこんなことを学んだ」「こんな薬を使った」と情報交換しますから、「私、遅れをとってない?」といい意味で焦ったり。 大変な時には助け合える、いい仲間に恵まれたと思います。

Voice No.2平成27年度修了者 Y研修医

1年目から様々な経験ができます

――当院を研修先に選んだ理由は?
ここで働いていた部活の先輩に勧めていただいたのが、きっかけです。見学の時、先輩研修医たちの雰囲気がとても良く、色々な話をしてくださったので決めました。 先輩研修医は学生の味方。何でも――それこそ上の先生には聞きにくいようなことも研修医に聞いておくと、入職後のミスマッチが少ないと思います。

――外科の1日のスケジュールを教えてください。
朝は7時半頃から採血&入院患者さんの状態チェックを始め、8時過ぎのカンファレンスに備えます。8時半の回診では包帯交換やドレーンの処置を行い、9時から17時頃は病棟業務、救急当番、内視鏡、オペ等を日替わりで。 オペはローテート中に1~2回、執刀医を務める機会が必ずあります。17時過ぎに夕方のカンファレンスがあり、業務は終了。内視鏡に関しては色々とご指導いただき、健康な方の胃の観察は一通り任せていただけるように なりました。

――これからの目標は?
現在は上の先生に相談し、フォローしていただきながらの診療なので、一人で判断し、一人で治療方針を決められるようになりたいです。将来は内科系の専門を考えています。 「ここだけは絶対負けない」と自信を持って言える専門を持ちたいと思っています。

old school出身大学

千葉大学、信州大学、滋賀医科大学、三重大学、香川大学、筑波大学、東海大学、
群馬大学、新潟大学、大分大学、獨協医科大学、金沢医科大学、北里大学、
愛媛大学、秋田大学、福島県立医科大学、岐阜大学、埼玉医科大学、宮崎大学、
鳥取大学、島根大学、山口大学

conference presentation学会発表実績

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       
発表年度 学会名 タイトル 発表時
年次
2017年度 千葉県内
臨床研修医交流会
手術を施行した好酸球性腸炎の一例 2年次
2016年度 千葉重症感染症研究会 治療に難渋した急性閉塞性化膿性胆管炎の1例 2年次
日本麻酔科学会
関東甲信越
東京支部合同学術集会
術後硬膜外持続投与した0.25%レポブピバカインが神経障害の原因として疑われた遅発性遷延性麻痺の1例 2年次
日本麻酔科学会
関東甲信越
東京支部合同学術集会
重症筋無力症患者の上腹部腹腔鏡下手術における硬膜外併用筋弛緩薬非使用全身麻酔経験 1年次
倉敷心臓疾患
最先端治療研究会
Stndard B型解離性胸腹部大動脈瘤切迫破裂に対してステンドグラフトを行った1例 2年次
日本腹部救急医学会総会 外傷を契機に発見された腹膜偽粘液腫の一例 1年次
千葉県外科医会 小腸内異物によるメッケル憩室穿孔 2年次
日本胃癌学会総会 Factors of loss of body weight after gastrectomy 1年次
日本胃癌学会総会 G-sox therapy has significant effect on stage Ⅳ Gastric cancer patient 1年次
誠馨会初期臨床研修医
合同研修会
胆嚢摘出後も右季肋部痛発作を繰り返した一例 2年次
誠馨会初期臨床研修医
合同研修会
腹痛で救急搬送された2例の検討 2年次
2015年度 日本臨床外科学会
千葉県外科医会
食道裂孔ヘルニア合併症例に腹腔鏡下胃瘻造設術を施行した一例 2年次
日本臨床外科学会
千葉県外科医会
Meckel憩室が嵌頓した大腿ゲルニアの1例 2年次
日本腹部救急学会 嘔吐にて発症した膵十二指腸動脈留瘤の一例 1年次
日本臨床外科学会
千葉県外科医会
腰痛を主訴とした性腺外悪性胚細胞腫の一例 1年次
日本胃癌学会 胃粘膜下腫瘍に対してLECSを施行した2例 1年次
誠馨会外科
合同カンファレンス
頻回の嘔吐で入院となった一例 1年次
日本臨床外科学会
千葉県外科医会
化学療法が奏効し再発後5年健存した胃癌腹膜再発の1例 1年次
2014年度 千葉県内
臨床研修医交流会
当院での腹腔鏡内視鏡合同手術 2年次
日本臨床外科学会 イレウスにて発症した好酸球性腸炎の1例 2年次
日本胃癌学会 StageⅠ、Ⅱ胃癌治療成績の検討 1年次
日本臨床外科学会
千葉県外科医会
腹壁瘢痕部に発症した異所性子宮内膜症の一手術例 1年次
日本臨床外科学会
千葉県外科医会
胎児消化管上皮類似癌と診断したAFP産生胃癌の一例 1年次
誠馨会初期臨床研修医
合同研修会
急性大動脈解離の診断においてエコーが有用であった1例 2年次
誠馨会初期臨床研修医
合同研修会
頭痛発症の脳血管障害 1年次

見学のお申込・お問い合わせは:総務課 臨床研修担当まで

お電話でのお問い合わせ
043-261-5111(代表)
メールでのお問い合わせ
info-prog@seikeikai-cmc.jp
〒260-0842
千葉県千葉市中央区南町1丁目7番1号
医療法人社団誠馨会
千葉メディカルセンター
※後期研修のお問い合わせは総務人事課へ
お願いします。
  • 病院概要
  • 医療法人社団 誠馨会グループ
  • セコム医療システム株式会社