陥没乳頭

陥没乳頭

以下の方は保険が適用できません。(保険適用外)

  • 閉経している方
  • 授乳障害がない方
  • 妊娠の予定のない方
  • 美容目的の方

陥没乳頭とは

乳頭がへこんでしまっている状態を言います。刺激することにより出てくる軽度の状態(仮性)もあれば、常に埋没してしまっている重度な(真性)状態もあります。

  • 刺激を与えると乳頭が突出する・・・・・仮性(軽度)
  • 刺激を与えても乳頭が突出しない・・・・真性(重度)

原因

  • 乳頭を支える繊維組織が未発達な先天的な場合
  • 癌や乳腺炎・乳房の手術などによって症状が現れる後天的な場合
    特に先天的な場合が多いといわれています。

特徴

  • 美容的な問題だけでなく、そのまま放置した場合、授乳障害や乳管炎を起こすことがあります。
  • 症状の程度により、手術方法に多少の違いがあります。
  • 陥没の程度が重度の場合、手術後に再陥没する可能性もあります。

処置の流れ

  1. カウンセリング
    詳しく話を聞き、最適な治療法を提案します。
  2. 麻酔
    局所麻酔
  3. 施術
    陥没している乳首を引っ張り出した後、傷跡が目立たない位置で切開し陥没の原因を除去し、後戻りしないように縫合します。

手術後に授乳の可能性がある場合は、乳管を温存する方法で行います。
但し、乳管を温存しても、授乳できないことがあります。

バナー