メインビジュアル

内眼角形成術(目頭切開法)

日本人は、目頭に皮膚のひだがかぶさっていることが多く、これを「蒙古(もうこ)ひだ」と呼びます。人によりその程度は様々ですが、このひだが目を小さく見せ、目と目の間が離れて見える原因になっていることがあります。
内眼角形成術(目頭切開法)とは、この蒙古ひだを小さくする、または取り除くことで目元の印象を変える施術のことです。

特徴

  • 目と目の距離を短くすることができます。
  • 目が長く大きく見えるようになります。
  • 二重まぶたの形を変えることができます。
  • 鼻筋の通った印象になります。

施術の流れ

  1. 蒙古ひだの形に合わせて、手術法「Z法」「W法」を選択しマーキングします。
  2. 麻酔後、マーキング部分に切開を加え、余分な皮膚や組織を切除します。
  3. バランスや目の大きさなどをチェックし、縫合します。
  4. クーリングをして帰宅できます。
  5. 後日、抜糸に来院していただきます。

料金

目もと手術 部位 料金(税込)
内眼角形成術(目頭切開) 両側 208,000 円
片側 138,000 円
バナー