敷地内全面禁煙について

敷地内全面禁煙

 当院は、受動喫煙対策義務を定めた健康増進法を受け、病院独自の禁煙ポリシーを制定し、平成26年12月1日より駐車場を含む病院敷地内全面禁煙とさせていただいています。

禁煙ポリシーの制定
私たちの病院は、平成26年12月より病院敷地内全面禁煙を実施しております。私たちの病院は、喫煙による健康障害、健康被害の重要性を強く認識し、院内の啓蒙活動を積極的に実施し、 非喫煙者の健康を守るための受動喫煙の配慮を徹底いたします。
〔入院・外来の患者さんへ〕
 病院は、様々な疾患を有する患者さんが大勢集まる公共性の高い場所です。 たばこは、肺がんはもとより、心筋梗塞や脳梗塞などの危険因子となるなどさまざまな疾患の原因となり得ます。 また、治療を共にされている「たばこを吸わない」他の患者さんにとって、たばこの臭いは喫煙者が思っている以上に気になるものです。 患者さんご自身とそのご家族(周囲の方々)が健康で幸せな生活を送っていただくことを願い、当院の「禁煙ポリシー」にご賛同いただけますようお願いいたします。
〔職員・契約業者・訪問業者の方へ〕
 医療従事者としての使命を認識し、さらに患者さんの禁煙を献身的にサポートするために上記の「禁煙ポリシー」に賛同願います。

病院周辺においてもマナーをお守りいただき、歩行者の迷惑とならないよう皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

平成26年12月1日
病院長