リハビリテーション部

理学療法士30名(うち専門理学療法士3名、認定理学療法士2名、心臓リハビリテーション指導士1名、呼吸療法認定士3名、糖尿病療養指導士1名)、 作業療法士10名、言語聴覚士3名で患者さんの社会復帰のお手伝いをいたします。

業務紹介

リハビリテーション部は、入院患者さんおよび外来患者さんを対象に、当院医師の処方のもと理学療法、作業療法または言語聴覚療法を実施し、 患者さんのニーズに合わせて身体機能の改善、家庭復帰、職業復帰の援助に努めております。

入院リハビリテーションは、脳血管疾患・整形外科疾患・心大血管疾患(術後および保存療法)のほか、呼吸器疾患やがん患者さん、また入院に伴い、活動量や体力の低下をきたした廃用症候群の 患者さんにも実施しています。外来リハビリテーションでは、肩、膝、腰の痛みや運動障害、およびスポーツ傷害などの整形外科疾患が多く、一部手の外科の疾患(手指や手首の骨折、ばね指、腱鞘炎など) にも対応しています。急性期リハビリテーションが主体ですが、必要に応じて慢性疾患のリハビリテーションにも対応します。

施設基準は、心大血管疾患リハビリテーション料(Ⅰ)、脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)、廃用症候群リハビリテーション料(Ⅰ)、運動器リハビリテーション料(Ⅰ)、呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)、 がん患者リハビリテーション料が認可されています。

業務内容

  • 理学療法 理学療法士によって、運動療法を中心に脳血管疾患、運動器疾患、心大血管疾患、呼吸器疾患に加えて廃用症候群やがん患者さんのリハビリテーションを実施しています。 術後早期(一部術前)から介入を開始し、関節・筋肉・神経の機能障害(可動域制限、筋力低下、痛みなど )の改善、基本的な日常生活動作(起き上がり、立ち上がり、歩行など)の獲得を目指すほか、 それぞれの患者さんの生活の質の向上、スポーツ・レクリエーション活動への復帰も視野に入れた理学療法を展開しています。
  • 作業療法 作業療法士によって、脳血管疾患、運動器疾患、心大血管疾患、廃用症候群やがん患者さんに対する日常生活動作(食事、入浴、更衣など)や家事動作の改善を重視したリハビリテーションを実施しています。 また入院患者さんの離床や廃用予防を目的とした病棟でのアクティビティも行っています。運動器疾患は手の外科疾患の患者さんが多いため手の外科医師と相談しながら機能訓練やスプリント(装具)を作成し、 患者さんの生活の質の向上に努めています。
  • 言語聴覚療法 言語聴覚士によって、脳血管疾患などによって生じた言語機能や嚥下機能の障害に対するリハビリテーショ ンを実施しています。嚥下リハビリテーションについては病棟看護師との連携も重視しています。

リハビリテーション部の特徴

  • 理学療法部門では、日常活動や職業動作およびスポーツ動作改善を目的としたリハビリテーションはもとより、けがの再発予防のために自宅で実施する運動プログラム・身体の使い方の指導(各種エクササイズ)や 投球フォーム修正のための野球教室も実施しています。 >>スポーツ傷害予防エクササイズはこちら
  • 代表的なスポーツ傷害である膝前十字靱帯再建術後の患者さんのリハビリテーションを効率的にするため、定期的に測定機器(バイオデックス)による膝関節の筋力・膝の緩みの定量的検査、 トレーニングメニ ューの軌道修正を実施しています。 >>専門サイトはこちら
  • 心臓血管外科、循環器内科の患者さんには心臓リハビリテーションを実施しています。>>当院における心臓リハビリテーションのご紹介についてはこちら
  • スタッフによる学会・研究会での発表、専門雑誌への論文掲載、専門分野のテキスト執筆などの学術活動にも力を入れています。
  • 作業療法部門、言語聴覚療法部門では一般には理解されにくい、脳血管疾患・頭部外傷後の注意障害、記憶障害、遂行機能障害等の高次脳機能障害の評価を行い、リハビリテーションや生活上のアドバイスを実施しています。
  • NST(栄養サポートチーム:低栄養の評価や治療)や緩和ケアにも積極的に参加し、他職種と協力して患者さんのケアに努めています。
  • 地域貢献
    スポーツ選手のメディカルチェック(スポーツ傷害の早期発見、予防のためのストレッチング指導)を医師や事務スタッフと協力して行っています。
    地域に出向いて腰痛予防や転倒予防についての講演活動も行っています。