神経内科

お知らせ

【2015/4/1からの神経内科外来について】
  水曜日・木曜日は医師が1人で外来・救急患者の対応になりますので
  直来の新患はお受けできません。
  他科依頼の方、紹介状を持参の方は基本的には予約をとってください。
  緊急の場合は医師に直接相談していただきますようお願いいたします。

診療内容

脳血管障害(脳梗塞・脳出血)、髄膜炎、多発性硬化症、重症筋無力症などの神経難病の他、てんかん、片頭痛、めまい、糖尿病・肝硬変・ビタミン欠乏症などの内科疾患に伴う神経障害などを診療しています。
紹介状をお持ちの初診の方は、地域医療連携室を通じて予約をおとりください。

不眠・不安・妄想などの精神症状は、精神科の対象で専門分野が違うため診療は行っておりません。
遺伝子診断は行っていません。

主な疾患

入院の大半は脳血管障害です。その他は、末梢性めまい、髄膜炎などの神経感染症、重症筋無力症・多発性硬化症などの免疫性神経疾患、てんかんなどです。
脳血管障害には急性期治療と早期のリハビリテーションを行います。急性期(2週間程度)の治療後、在宅療養が不可能な場合には、医療相談室と協議し、回復期リハビリテーション施設、老健施設などに転院します。

症例数(平成26年度)

外来患者数は1日平均44人、入院患者数は年間210人。

医師紹介

新井先生イラスト

新井 洋(診療部長)

  • 卒業年
    昭和57年
    専門分野
    神経内科
    資格等
    日本神経学会神経内科専門医・指導医
    日本内科学会総合内科専門医

山口先生イラスト

山口 美香

  • 卒業年
    平成3年
    専門分野
    神経内科
    資格等
    日本神経学会神経内科専門医
    日本内科学会認定医